1. トップページ
  2. 子育て支援・教育
  3. 各種助成
  4. 子育て支援医療
南小国町の観光「日本で最も美しい村」連合きよらスキャン ふるさと納税 南小国町 道路情報

子育て支援医療

南小国町子育て支援医療費助成制度について

支給対象

対象となる児童

 南小国町に住所を有する在学中の小学校1年生から中学校3年生までの児童

助成の額

 診療に係る医療に要した保険医療分の一部負担金の全額を助成
    (保険医療以外の自己負担分は該当しません)
 ただし、高額医療費に該当する場合や付加給付等がある場合には、負担された一部負担金から差し引くことになります。

申請の手続き

 医療費の助成を受けるためには、「子育て支援医療費受給資格者証」が必要ですので、町民課福祉児童班に申請して下さい。

利用の方法等

(1)小国郷内の下記の医療機関で受診する場合
 南小国町が契約を結んでいる町内の医療機関(蓮田医院、室原医院、きよら歯科)及び小国町の医療機関等(小国公立病院、ゆう薬局、小国調剤薬局)に限り、児童の保険医療機関での窓口支払いが無料(保険適用内・医療費分のみ)となります。
 ただし、高額医療費に該当する場合や付加給付等がある場合は、「窓口無料」にはならず、別途手続きが必要ですのでご注意ください。

注)医療機関への受給資格者証の提示について
 上記医療機関での受診の際は、必ず「子育て支援医療費受給資格者証と保険証」を医療機関等の窓口に提示してください。  提示できない場合は、医療費を従来どおりにお支払いただき、後日その領収証を役場備え付けの「子育て支援医療費助成金申請書」に添付して町民課へ出していただければ後日に助成します。

(2)上記以外の医療機関や町外の医療機関での受診する場合
 各医療機関において通常どおり医療費の一部負担金を支払いの後、発行される領収証(レシートは不可)を役場にあります「子育て支援医療費助成金申請書」に添付して、役場町民課で申請してください。
 また、領収証で医療点数及び一部負担金の不明なものについては、申請書に医療機関での証明を受けていただくことになります。
 なお、契約医療機関以外の医療機関や町外の医療機関で受診する場合、受給資格者証を提示しても支払い窓口では無料となりませんので、ご注意ください。

 また、医療の給付を受けた月の翌月から起算して1年を経過すると、時効により助成の対象となりませんので、ご注意ください。

不明な点などありましたら、役場町民課福祉児童班(ダイヤルイン42-1113)までお問い合わせください。

このページの先頭へ