1. トップページ
  2. 南小国町の紹介
  3. 観光
  4. 瀬の本(MAP⑦)
南小国町の観光「日本で最も美しい村」連合ふるさと納税 暮らしの便利帳 南小国町 道路情報

瀬の本(MAP⑦)

参勤交代道松並木

参勤交代道松並木瀬の本高原と黒川温泉を結ぶ国道442号に、美しい松並木が約1キロメートル続く。江戸時代、日田と竹田をつなぐ参勤交代の道にあたり、現在は九州歴史街道のひとつ「松にきく虹の道」の愛称で呼ばれている。南に阿蘇五岳を一望できる眺望が見事で、今も旅人の心を癒してくれる。

瀬の本高原

瀬の本高原南阿蘇の東端と大分県久住町にまたがる壮大な高原地帯。南に阿蘇五岳、北にくじゅう連山を望み、その中央をやまなみハイウエイが走っている。四季折々に、山菜狩りやハイキングを楽しむ家族連れで賑わうが、特に新緑の春、紅葉の秋の景観は圧巻だ。やまなみハイウエイの途中にある展望所からは、運がよければ阿蘇方面の雲海を望むことができる。

瀬の本お地蔵様

6軒ある地元の人達から氏神様として親しまれているお地蔵様。7月と11月には、食べ物を持ち寄り餅つきをする「地蔵まつり」が開催されている。国道442号から脇道に入った所にあるが、分かりにくいので地元の人に聞くのがおすすめだ。昔は水が湧いていたらしく、この水はイボとりに効果があるとの言い伝えが残っている。

このページの先頭へ