1. トップページ
  2. 南小国町の紹介
  3. 観光
  4. 大谷山(MAP⑧)
南小国町の観光「日本で最も美しい村」連合もぐのこ ふるさと納税 南小国町 道路情報

大谷山(MAP⑧)

大谷山

標高約900メートルの山。敷地内には、清流の森や大谷渓谷、雀の地獄などがあり、展望所からは阿蘇五岳の見事な涅槃像が見渡せるロケーションだ。また、筋湯温泉に向かう道路近くには、人間の手が全く入っていない原生林地帯が広がっている。

奇岩石群

奇岩石群.JPG清流の森内にある遊歩道に珍しい形の岩と出会える。大小さまざまな岩長い年月を経て風化転在したものだが、見る角度によって動物や人の姿に見えるのが特徴である。周囲に群生するアセビやネジキなどの落葉樹と相まって独特の景観が広がる地帯。

雀の地獄

雀の地獄清流の森の一角に広がる冷泉地帯。いたる所から亜硫酸ガスが噴出しており、このガスによりすずめやタヌキ等の小動物が死ぬことから、この名前の由来があるとか。周囲は山に囲まれ、荒涼としたした雰囲気は賽の河原を彷彿させる。

平野台原野

清流の森清流の森から続く道を登った場所にあり、放牧されている赤牛の姿やクヌギの林など、牧歌的な風景が広がっている。また、展望所からは久住から黒川温泉方面にわたるパノラマが見事で、特に、阿蘇外輪山を台座にして横たわる涅槃像を正面にのぞむことができる。敷地内には、親子で楽しめる親水公園もある。

清流の森

清流の森.JPG800メートルから1,000メートルの丘陵地にあり、約80haの敷地は8つのゾーンに分かれそれぞれ森林浴、自然観察、バードウォッチング、紅葉狩り等が楽しめる遊歩道が整備されているので樹齢300年を越すブナを始め、コナラ、リョウブ、アセビ等約70種類樹木が自生し、四季の移り変わりが楽しめます。

このページの先頭へ