1. トップページ
  2. 南小国町の紹介
  3. 観光
  4. 小田・白川(MAP⑤)
南小国町の観光「日本で最も美しい村」連合きよらスキャン ふるさと納税 南小国町 道路情報

小田・白川(MAP⑤)

小田の滝

小田温泉にある滝つぼ温泉の民宿「さとごころ」から見ることができる滝。5メートルから6メートルの高さから流れ落ちる滝はこぢんまりとしていて、特に名の由来や伝説は残っていないが、滝つぼは広く、一見の価値ありの迫力だ。「さとごころ」の温泉を利用の場合のみ観覧可。

秘境七滝

DSC_1192.jpg小田川下流にある大小7つの滝。遊歩道から滝つぼを間近に見ることができるのが魅力。切りたった渓谷と光を遮る自然林に囲まれ鬱蒼とした様は大蛇が住み着くというのも納得できるほど神秘的な雰囲気が漂っている。滝の中央部には不動明王と弁財天の石像が安置してあるが何の目的で建立されたのかはわかっていない。

小田神社

約300年ほど前、日田から小国、黒川を通り竹田までを繁ぐ往還道路が造られた時に、道標として建立された神社。高台にひっそりと佇む社内には、道案内の神様として知られる猿田彦大神の石仏が祭られ、地域の人々の信仰を集めている。毎年9月の第1日曜日には、地区の人たちの手で村祭りが開催される。

小田大杉

小田温泉の民宿「小田家」から続く細道を登った場所にある、小田神社境内にそびえる杉。300年ほど昔の神社建立寺より少し後に植えられた戸伝わり、神社同様、日田から竹田へと旅をする人たちの道しるべとしての役割を果たしてきたといわれている。

このページの先頭へ