1. トップページ
  2. 南小国町の紹介
  3. 観光
  4. 市原(MAP①)
南小国町の観光「日本で最も美しい村」連合きよらスキャン ふるさと納税 南小国町 道路情報

市原(MAP①)

矢津田妙栄の梵鐘

下城城主である下城上総介(しもじょうかうさのすけ)の母、妙栄が小国両神社に寄進した梵鐘。天正16年、伊予国大洲(いよのくにおおず)城主、戸田民部小輔がこの鐘を奪ったが、佐賀関乗船中、激しい風波で船は大破し、鐘は行方不明となった。のちの寛永11年、細川忠利は佐賀関の神社参拝の折、砂浜で梵鐘を見つけだし、両神社に返したと言われている。現在は矢津田下城家にて保管されている。

滝の口の滝

別名「金が滝」。滝の上部に銭亀塚と呼ばれる円墳があり、その真下にある滝のため「金が滝」と名付けられた。滝の下流付近には観音様が祭ってあり、毎年旧暦10月12日に参拝する風習があるとか。また、この滝には飛び込んでも滝の中では亡くならないという不思議な伝説もある。

千光寺

昔、近くに泉口(いごんくち)といわれる清水の湧き出るところがあったことから、泉光寺、泉口寺とも称されるとか。小さな堂の中には平安末期の作と見られている等身大の十一面観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)や高さ2.2メートルもある金箔の千手観音(せんじゅかんのん)立像が祭られている。堂のほとりに立つ板状の石碑は自然石を利用して作られており、文字が入ったものとしては熊本県最古であるということだ。

谷尻の石仏

谷尻の山の崖に祭られている石造りの仏様。岸壁を掘った中に仏様が祭られ、その姿は八体ほど。誰がどのような目的で造ったかは不明。いつ頃から祭られたのかもわからないが、それほど年月は立っていないものと推測される。

竹の熊の大ケヤキ

竹の熊の大ケヤキ竹の熊菅原神社境内にあるこのケヤキは、樹齢約1000年といわれる大木。幹の周囲は18メートル、高さ33メートルで県下でも稀に見る大ケヤキである。今でも成長を続けていて、若芽が生え揃う新緑の頃は壮観だ。地元の人々はこのケヤキを神格化し崇めているのだとか。

このページの先頭へ