1. トップページ
  2. 南小国町の紹介
  3. 町の紹介
  4. 南小国町のあゆみ
南小国町の観光「日本で最も美しい村」連合ふるさと納税 暮らしの便利帳 南小国町 道路情報

南小国町のあゆみ

主要事業年表

西暦 和暦 主な出来事
1969 昭和44年
  • ダイヤル電話開通
  • 農協倉庫の増設、準冷房倉庫新築
  • 志賀瀬川、河川改修始まる
  • 中原川ダム工事着手
  • 手形野線改良工事着工
  • 史上空前の大豊作(12月末現在出荷量36,000俵)
  • 11月1日町制施行(県下で60番目の町となる)
1970 昭和45年
  • キュウリの共同出荷始まる
  • 米生産調整特別対策事業始まる
  • 杉田住宅増築進む(第2種4戸建3棟935万)
  • 熊本県草地畜産高等研修所着工
  • 町有入会林野整備要綱定まる
  • 町立波居原小学校が市原小学校に統合さる
  • 杉シボリ丸太講習会開催
  • 昭和45年度木材共販出荷量11,808立方米
1971 昭和46年
  • 市原簡易水道拡張工事
  • 町長選挙 荒井知章氏再選(4月25日)
    町議会議員選挙(定員18人)
  • 老人憩いの家完成
  • 冷害による農作物被害発生(水稲共済金4,360万円支出)
  • 市原小学校校舎解体
  • 過疎地域指定される(4月30日)
1972 昭和47年
  • 黒川地区簡易水道変更拡張事業
  • 市原小学校校舎完成(鉄筋3階建、総工費139,079千円)
  • 南中グランド夜間照明施設及びプール完成
  • 町章きまる(荒倉 齊藤マツ子氏創作)
  • 農協新設さる
  • 熊本県野菜(キュウリ)指定産地として指定される。(出荷計画800t)
  • 林道原口平線開設事業着工
1973 昭和48年
  • 稲作転換促進対策事業始まる
  • 中原小学校体育館完成
  • 万願寺小学校体育館完成
  • 町民田の原グランド完成(自衛隊委託)
  • 10月10日 第1回町民体育祭開催さる
  • 林道東部線開設事業着工
  • 白川線開設事業着工
  • 星和八本松線舗装工事着工
  • 第1回 枝打ち間伐育林コンクール開催
1974 昭和49年
  • 阿蘇郡消防操法大会行われる(田の原グランド)
  • 町道全面舗装着手
  • 市原小学校プール完成
  • 豪雨による水害、負傷者2名 被害額234,860千円
  • 林道立岩線、河内線開設工事着手
  • 市原地区水道変更拡張工事
  • 星和小学校へき地集会所新築工事着工
  • 第二次林業構造改善事業地域指定を受ける
1975 昭和50年
  • 群発地震による被害1億5千万円にのぼる(震度5を記録)
  • 中学校体育館火災
  • アメリカより導入のヘレフォード牛に牛バエ幼虫症発生
  • コガネ虫異常発生、杉に被害(瀬の本地区)
  • 死亡事故ゼロ1,000日突破(7日にして記録更新ならず)
  • 町長選挙 藤堂真人氏当選
  • 町議会議員選挙 (定員18人)
  • 農業委員改選
  • 星和小学校創立百年祭 町内の最後を飾る
  • 中湯田・樋ノ口線開通(総工費33,000千円)
1976 昭和51年
  • 水田総合利用対策始まる
  • 黒川保育所完成(総工費17,800千円支出)
  • 黒川温泉公園開設
  • 国道212号線バイパス開通
  • 市原小学校夜間照明完成
  • 台風による風水害、被害額1億5,792万円にのぼる
  • 遂道改良工事進む(滝下、中湯田)
  • 第二次林業構造改善事業(林道平爪線開通)
  • 水稲ほか農作物被害(共済金69,740千円支出)
  • 中核林業振興地域育成特別対策事業地域指定を受ける
1977 昭和52年
  • 広域農業開発事業着工(下道・赤馬場)
  • 産交バス、バイパス運行開始
  • 消防専用無線、27局が設置される
  • 中原小学校プール完成(総工費27,747千円)
  • 黒川公営住宅完成(入居戸数10戸、44,480千円)
  • 万願寺小学校プール完成(総工費27,747千円)
  • 第二次林業構造改善事業(林道城ノ尾線開設)
  • 星和黒原線改良事業着工
  • 同報無線放送開始
1978 昭和53年
  • 水田利用再編対策事業始まる
  • 農業委員改選
  • 総合落成式同報無線放送局開局
    消防無線完備
    中学校校舎完成
    公社電話の全戸加入と福祉電話の設置
  • 学校給食センター完成(総工費80,889千円)
  • 石原迫線開通
  • 林道倉刈線開設
  • 自然休養村事業着工(4ヶ年計画)
  • 農業為替業務取り扱い開始
1979 昭和54年
  • 黒川、星和小学校プール完成
  • 町長選挙 藤堂真人氏再選
    町議会議員選挙(定員16人)
  • 国民保養温泉館完成(総工費21,000千円)
  • 町民プール完成(中学校)
  • 市原団地公営住宅建設
  • 昭和53年度木材共販出荷量 15,080立方米
1980 昭和55年
  • 自然休養村管理センター完成
  • 異常気象(冷夏)おきる 被害額2億5千万円
  • 郡中体連で南中剣道部(女子)優勝
  • 南小国町消防団"日消協旗"受賞
1981 昭和56年
  • 第1回阿蘇瀬の本高原マラソン大会開催(参加者1,135名)
  • 南小国の米"優秀賞"を受賞
1982 昭和57年
  • 第1回 優良村「初市」開催
  • 阿蘇北部共済組合発足
  • 集中豪雨 南小国を襲う
1983 昭和58年
  • 町長選挙 藤堂真人氏(三選)
    町議会議員選挙(定員16名)
  • 「新生活運動」スタートする
  • 日本の松名松百選に「唐傘松」選ばれる
  • 町営住宅黒川団地完成
1984 昭和59年
  • 上津江村と姉妹町村の提携を結ぶ
  • 39年ぶりの豪雪
  • 公立病院の建設着工される
  • 町の花「りんどう」 町の木「杉」 町の鳥「うぐいす」を制定する
1985 昭和60年
  • 小国公立病院完成する
  • 全国高校総体で佐竹みゆきさん、女子剣道の部で優勝
  • 「くまもと緑の百景」瀬の本高原が1位になる
1986 昭和61年
  • 南小国の行革、着実に推進する
  • 幼年消防隊結成される
  • 全国中学校陸上選手権で堀川勇一君、優勝する
  • 剣道日本一!!佐竹みゆきさん
1987 昭和62年
  • 町長選挙 新町長に橋本公氏当選(4月26日)
    町議会議員選挙(定員14名)
  • 南小国町図書館がオープンする
  • 堀川勇一君 全国大会V2
  • 国道442号線の改良工事完了
  • インドネシア教育視察団が星和小を訪問
  • 中原小学校 完成
1988 昭和63年
  • 南小国森林組合事務所完成
  • 第1回「みなみぐに文化祭」開催される
  • しいたけ原木(1本あたり1,879円)
  • 大型洗濯施設 完成
1989 昭和64年
平成元年
  • 町制施行20周年
  • 市原小学校ナイン 全国大会出場(滋賀県)
  • 山村広場 完成
  • 全市町村に一億円
1990 平成2年
  • 星和小学校 完成
  • 郡植樹祭 盛大に開催される
  • コミュニティセンター 完成
  • 市原保育園 完成
  • 国体アーチェリー県予選、下城さよみさん優勝
1991 平成3年
  • 町長選挙 橋本公氏再選(4月21日)
    町議会議員選挙(定員14名)
  • 特別養護老人ホーム「悠清苑」落成
  • 物産館「きよらカアサ」オープン
  • 台風19号 大きな被害をもたらす 被害金額34億円(9月27日)
  • 黒川小学校 完成
  • 農産物加工施設 完成
1992 平成4年
  • 台風19号倒木被害視察の為、国土庁長官来庁
  • 市原小学校バレーボール部 全国大会出場
  • 農協合併!JA阿蘇小国郷が誕生
  • 92世界民謡in遠野 湯田 河津タネさん出場
1993 平成5年
  • 中央公民館の撤去
  • 唐傘松、強風でポッキリ!!(6月2日)
  • 「風の舎」がくまもと景観賞
  • 「世界・木のクラフト展」林野庁長官賞 穴井則之氏
1994 平成6年
  • さわやか街かど賞 受賞
  • 清流の森 完成
  • やまなみハイウェイからやまなみフリーウェイに(6月)
  • 吉原 岩戸神楽 百周年
1995 平成7年
  • 町長選挙 橋本公氏三選(4月23日)
    町議会議員選挙(定員14名)
  • 県道南小国波野線バイパス開通
  • 「温泉館きよら」完成(4月10日)
  • ゴミ処理場「滝美園」完成
  • 第22回阿蘇郡身体障害者スポーツ大会 初優勝
1996 平成8年
  • 町道市原森園線開通
  • 全国高校総体出場 家入俊二君
  • 地域福祉センター「りんどう荘」オープン
  • 南小国町総合行政システムスタート
1997 平成9年
  • 市原新町住宅建替工事 完成
  • 移動通信用鉄塔(小国郷 黒川・杖立)完成
  • 夫婦滝遊歩道 完成
  • 南小国町田園地域総合整備計画策定さる
1998 平成10年
  • 市原小体育館改築事業 完成
  • 黒川小プール移転工事 完成
  • 広域農道(ファームロード)完成
1999 平成11年
  • 町長選挙 河津修司氏初当選(4月25日)
    町議会議員選挙(定員12名)
  • 台風18号襲来 県内に大きな被害をもたらす(9月24日)
  • 町制施行30周年
2000 平成12年  


 

このページの先頭へ